価値は詳細より
KEBEN解釈:地球の将来のために環境を配慮する

科本——テクノロジーより産業を発展し又は人間を本に。科学的に各詳細を管理するのにベースとして、基本的な価値観”価値は詳細より”に従って行きます。
深セン市科本精密金型有限公司は2004年8月に設立されまして、主にOA、電器、自動車およびエレクトロニクス産業へ、精密プレス金型及び精密プレス製品の生産やその他のサービスを提供します。弊社は、長期的な研究及び蓄積されたスタンピング技術があるので、科学的な管理レベルと生産スケールを迅速に発展し、もうプロフェッショナルな生産スケールを持ち、精密金型と精密プレスの専門メーカに成長しました。
テクノロジーより産業を発展し又は人間を本に。従業員が、企業の最も貴重な資産であり、社員は技術革新と発展を通じて自分の価値を実現するのは、企業の急速な発展を促進することです。
科本は科学的に各詳細を管理するのにベースとして、基本的な価値観”価値は詳細より”に従って行きます。科本は創業より、しっかり高度な技術R&Dと管理イノベーションの間に会社の生命の根を移植され、完全に製造の企業で世界トップクラスの経験を吸収して発揮し、マクロ的な考え方及び洗練された方法で、低コスト、ハイテク、高品質と高効率を追求し続けます。

科本は製品構造のプロセスを改善する事から、量産後の長寿命と信頼性まで、全て積極的にハイエンドのR&D能力に従事し、リーダーシップ及び堅実な技術経験を蓄積しています。科本は高精度、高品質、高効率、大量生産の金型を開発および製造における同時に、科学的にアドバンスドコスト管理を促進し、顧客満足度の最大化と全体的なバリューの最適化を確保します。
科本は優れた技術スキルを持ち、経験豊富なR&Dとスタッフチームワークが努めて、彼らは勤勉に働き、ユナイテッド、活気があり、常に”学習、責任、サービス、価値”の企業精神を守り、業界進歩している所には素晴らしい業績を達成し、グローバル500のクライアントの富士ゼロックス、キヤノン、OKI、ミノルタ等日系及びヨーロッパとアメリカのお客様の賞賛と信頼を獲得しながら、科本が業界で良い評判を確立し、幅広い尊敬を獲得しました。
そして、科本も急速な発展を遂げて、持続的に努力して行き、より更に優れるサービスで顧客満足度を最大化させ、ファーストクラスの精密金型製造、精密部品加工、精密組立の工場を目指します。